【英語のことわざ】「時は金なり」は英語で何て言う?

英語のことわざ

日本語のことわざでよく「時は金なり」と言うけれど、英語では何て言うのだろう。

時は金なり」の日本語の意味は、「時間は貴重なので無駄にしてはいけない」という意味だが、これは、元々、英語のことわざの翻訳から来てるようだ。英語では、もちろん「Time is money」。

今回は、「時は金なり」の英語表現、英語の意味、「Time is money」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

ことわざ「時は金なり」の英語表現


Time is money
:時は金なり

Time is money, but money can’t buy time.
(時は金なりだけど、お金で時間は買えないからね)

 

「Time is money」の意味

Longman 辞書によると、「Time is money」の意味は以下のとおり。

Time is money:
used to say that wasting time or delaying something costs money
(時間を無駄にしたり、何かを遅らせたりすると、お金がかかると言う場合に使用される)

 

「Time is money」に関連する他の英語表現

 

time is precious:時間は貴重だ

Time is precious and limited.
(時間は貴重で限られている)

 

there’s no time to wait:待っている時間はない

There’s no time to wait on climate change.
(気候変動に残されている時間はない)

 

you’d better hurry up: 急いだ方がいいよ

You’d better hurry up if you want to get the last train.
(最終電車に乗りたかったら、急いだ方がいいよ)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました