【英語の違い】「effective」 と 「efficient」 の違いは何?意味の違いと使い方を紹介 !

英語の違い

英語の発音が似ているけど、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「effective」と「efficient」ではないだろうか。

英語学習者にとって、あれ、どっちがどっちの意味だったかな、と思ってしまう。

今回は、「effective」と「efficientの違い、その意味、関連する表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「effective」と「efficient」の違い

effective: 効果的な、有効である

I think it’s one of the most effective ways of learning English.
(それは英語学習の最も効果的な方法の一つと思う)

efficient: 効率的な
A is twice more efficient than B. 
(AはBよりも2倍、効率的だ)

「effective」と「efficient」の意味

Merriam-Webster 辞書によると、「effective」と「efficient」の意味は以下のとおり。

effective: producing a result that is wanted : having an intended effect
(求める結果を生み出すこと:意図した効果がある)
efficient: capable of producing desired results without wasting materials, time, or energy
(もの、時間、またはエネルギーを無駄にすることなく、求める結果を生み出すことができる)

辞書の定義によると、両方とも、求める結果が出るのは同じだが、「efficient」の方が「時間やエネルギーをかけない」という点が異なる。

「effective」,「efficient」に関連する他の英語表現

operative: 作動する、効力がある

Our plant in the area is operative again.
(その地域の当社の工場は、再度、稼働している。)

productive: 生産的な

It was a highly productive meeting.
(生産性の高い会議だった)

proficient: 熟達している

She is proficient in speaking English.
(彼女は、英会話が堪能だ)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました