【英語の違い】possible, probable, likely の違いは何? 微妙なニュアンスの違いと使い方を紹介 !

英語の違い

英語で可能性の表現は、いろいろあるが、あまり厳密に考えないで使うことはないだろうか。

会話表現では、「かもしれない」という可能性を示す場合、助動詞の maymight、副詞であれば、maybe、perhaps、probably などを使うのが一般的。

可能性の表現として、よく聞くのは、”It is possible, but not probable.” (可能性はあるが、実現しそうにない)であろう。

こういった形容詞の possible, probable, likely を使って、”It is possible (probable, likely) that ~” という文も見かけることがある。

それぞれに含まれている「可能性」は微妙に違うので、今回は、possible, probable, likely の違いについて紹介したい。

スポンサーリンク

possible, probable, likely の違い

 

possible: 論理的に可能、または起こりうる場合

probable: 統計上、あるいは状況から判断して大いにありそうな場合

likely: possible と probableの中間、ある程度の可能性はあるが、確実ではない場合

つまり、可能性の高さの順位は、probable > likely > possible となるようだ。

possible, probable, likely の使い方

 

It is possible that he will be late. (彼は遅れる可能性がある)
It is probable that she is busy (彼女は忙しそうだ)
It is likely that this will happen. (これが起こりそうだ)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました