【英語の違い】「I’m sorry」と「Excuse me」の違いは何 ?

英語の違い

意味合いが微妙に異なる英語表現がある。その一つは、「I’m sorry」と「Excuse me」ではないだろうか。

両方とも「すみません」という意味合いがあるので、英語学習者にとって、今一、ニュアンスの違いがつかみにくい。

今回は、「I’m sorry」と「Excuse meの違いと使い方、その意味、「sorry」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「I’m sorry」と「Excuse me」の違いと使い方

I’m sorry相手を妨げたり、中断させたりした後に使うことが多いがExcuse meは、相手を妨げたり、中断させたりする前に使うことが多いという点が異なる。

I’m sorry: すみません、申し訳ない

I’m sorry I was late.
(遅れて、すみません)

Excuse me: ごめんなさい、すみません、失礼します  

Excuse me, but it’s my turn.
(すみません、私の番です)

「I’m sorry」と「Excuse me」の意味

Longman 辞書によると、「I’m sorry」と「Excuse me」の意味は以下のとおり。

I’m sorry:
used to tell someone that you wish you had not done something that has affected them badly, hurt them etc
(他の人によくない影響や気分を害するようなことを、自分が与えていなければいいのに (実際は与えてしまった)、との思いを伝えるときに使用される)

Excuse me:
used when you want to get someone’s attention politely,    especially when you want to ask a question
(礼儀正しく他の人の注意を引きたいとき、特に質問をしたいときに使用される)

used to say that you are sorry for doing something rude or embarrassing
(何か失礼なことや恥ずかしいことをしてすまない、と言うときに使用される)

 

 

「sorry」に関連する他の英語表現

apologize: 謝る、謝罪する

I apologize I offended you by my remarks, but it was not my intention.
(私の発言で怒らせたことは謝りますが、そういう意図ではありませんでした)

 

regret: 後悔する

I regret doing such a terrible thing to him.
(彼に、そんなひどいことをして後悔している)

 

fault: 欠点、短所、誤り

It’s my fault.
(私のせいです)

コメント

タイトルとURLをコピーしました