【英語の違い】tease, make fun of, bully の違いは何? 微妙なニュアンスの違いと使い方を紹介

英語の違い

日本語で「いじめる」を表す英語表現は、tease, make fun of, bully などを使う。

それぞれに含まれている意味合いは微妙に違うので、今回は、tease, make fun of, bully の違いと使い方について紹介したい。

tease, make fun of, bully の違い

Longman 辞書によると、それぞれの違いは、以下のとおり

tease: to laugh at someone and make jokes in order to have fun by embarrassing them, either in a friendly way or in an unkind way
(誰かを笑ったり冗談を言ったりして、好意的または不親切なやり方で恥ずかしい思いをさせて楽しむこと)

make fun of: to make unkind insulting remarks about someone or something
(誰かまたは何かについて不親切で侮辱的な発言をすること)

bully: to threaten to hurt someone or frighten them, especially someone smaller or weaker
(特に小さい人や弱い人を傷つけようと脅したり、怖がらせたりすること)

つまり、悪質さの順番は、bully > make fun of > tease となるようだ。

tease, make fun of, bully の使い方

tease:いじめる、からかう

He’s always teasing somebody.
(彼は、いつも誰かをからかっている)

make fun ofからかう、バカにする

Don’t make fun of the other person’s name.
(他の人の名前をからかわないで)

bully:いじめる

Bullying is often done by groups.
(いじめは、グループで行われることが多い)

コメント

タイトルとURLをコピーしました