【英語の違い】「touching」 と 「touchy」 の違いは何?意味の違いと使い方を紹介 !

英語の違い

英語の発音が似ているけど、意味合いが全く異なる単語がある。その一つは、「touching」と「touchy」ではないだろうか。

英語学習者にとって、あれ、どっちがどっちの意味だったかな?、と思ってしまう。

今回は、「touching」と「touchy」の違い、その意味、関連する表現を紹介したい。

「touching」と「touchy」の違い

touching: 人を感動させる
What a touching story !
(何て感動的な話なんだろう)

touchy: 厄介な
This is a very touchy issue.
(これは非常に厄介な問題だ)

「touching」と「touchy」の意味

Merriam-Webster 辞書によると、「touching」と「touchy」の意味は以下のとおり。

touching: capable of arousing emotions of tenderness or compassion
(優しさや思いやりの感情を呼び起こすことができる)
touchy: marked by readiness to take offense on slight provocation
(わずかな挑発にムッとしやすいこと)

「touching」,「touchy」に関連する他の英語表現

moving: 感動的な

I watched the moving film last night.
(昨晩、感動的な映画を見た)

heart-warming: 心温まる

This is a heart-warming tale of a couple.
(これは、心温まるカップルの物語)

sensitive: デリケートな、要注意の

Do not talk about the sensitive topics like political or religious matters.
(政治的、宗教的な事柄など、デリケートなトピックは話さないで)

irritable: イライラする

He is irritable all the time.
(彼は、いつもイライラしている)

コメント

タイトルとURLをコピーしました