【英語の違い】「house」と「home」の違いは何 ? 微妙なニュアンスの違いと使い方を紹介 !

英語の違い

英語自体が何となく似ているけれど、意味合いが微妙に異なる英語表現がある。その一つは、「house」と「home」ではないだろうか。

両方とも「」という意味が含まれているので、英語学習者にとって、今一、ニュアンスの違いがつかみにくい。

今回は、「house」と「homeの違いと使い方、その意味、「home」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「house」と「home」の違いと使い方

「house」は、具体的な概念で、単に人が住んでいる建物を示しているのに対して、「home」、抽象的な概念で、人が住み、そこに愛着を持っている点が異なるようだ。

 

house: 家、住宅

I live in a two story house.
(私は、2階建ての家に住んでいる)

 

home:  家、自宅

A home is any place where you are comfortable.
(家は、自分が心地よく感じる場所です)

 

「house」と「home」の意味

Longman 辞書によると、「house」と「home」の意味は以下のとおり。

house:
a building that someone lives in, especially one that has more than one level and is intended to be used by one family
(人が住んでいる建物、特に複数の階があり、1つの家族が使用することを目的とした建物)

home:
the place where you came from or where you usually live, especially when this is the place where you feel happy and comfortable
(自分が生まれた場所、または自分が普段住んでいる場所、特に自分が幸せで心地よく感じるときに使用される)

 

「home」に関連する他の英語表現

at home: 在宅で、くつろいで

Last night we stayed at home and watched TV.
(昨晩は、二人とも家にいて、テレビを見た)

 

come home: 帰宅する

I took a shower after coming home from work.
(仕事から帰宅したあと、シャワーを浴びた)

 

stay away from home: 家を留守にする

I will stay away from home for a few days.
(数日、家を留守にするつもりだ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました