【英語の違い】「job」と「work」の違いは何?

英語の違い

英語自体が何となく似ているけど、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「job」と「work」ではないだろうか。

どちらも「仕事」という訳語が含まれているので、ニュアンスの違いが分かりづらい。

今回は、「job」と「workの違いと使い方、その意味、「work」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「job」と「work」の違いと使い方

jobは、支払の対価として個人が行なう活動を示すのに対して、「workは、個人が何かを実行したり、生み出したりする行なう活動を示す。つまり、「job」の方が、「work」よりも、より具体的な意味合いを持つようだ。

job: 仕事、職

I’m looking for a new job.
(新しい仕事を探している)

work: 仕事、作業

I have a lot of work to do today. 
(今日は、やるべき作業が沢山ある)

「job」と「work」の意味

Cambridge Dictionary によると、「job」と「work」の意味は以下のとおり。

job
the regular work that a person does to earn money
(人がお金を稼ぐために行う通常の仕事)

work
Work is an uncountable noun when it means something we do that takes an effort, often as part of a job or for study
(数えられない名詞: 仕事の一部として、または勉強のために、努力を必要とするものを意味する)

 

「work」に関連する他の英語表現

effort: 努力

It takes effort to learn a foreign language.
(外国語を学ぶには努力が必要)

 

task: 任務、仕事

My task is to fix the bugs.
(私の任務は、そのバグを修正することです)

 

performance: パフォーマンス、成績

I was impressed by the team’s performance
(そのチームのパフォーマンスに感銘を受けた)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました