【英語の違い】英語の “smart” は、日本語の「スマート」とどう違う?

英語の違い

日本語では、よく「あの人、スマートだね」という使い方をする。つまり、「細い」とか「痩せている」というニュアンスがある。ところが、これは和製英語なので、そういう意味で、”He is smart. ” と言ってしまうと、誤解される可能性が高い。

というのは、英語の “smart“には、「賢い」という意味があるからだ。

日常生活にかかせない「スマホ」の元の英語 “smart phone” の意味は「賢い (高機能の) 電話」ということ。

今回は、英語の形容詞 “smart” の本来の意味と使い方について紹介したい。

スポンサーリンク

“smart” の本来の意味

Random House Webster’s Dictionary によると、以下のような意味がある。

  1. having or showing quick intelligence (頭の回転が速い)
  2. clever or witty (賢いまたはウィットがある)
  3. neat or trim in appearance (身なりがきちんとしている)
  4. elegant or fashionable (洗練された、おしゃれな)

“smart” の使い方

She is as smart as her mother.
(彼女は、母親と同じくらい賢い)

He gave me a smart comment.
(彼が私に言ったコメントは賢い)

It is a smart fashion for men.
(それは、男性にとって洗練されたファッションだ)

This is a smart coffee shop, isn’t it.
(ここは、おしゃれな喫茶店ですね)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました