【英語の違い】「personal」と「private」の違いは何?

英語の違い

英語自体が何となく似ているけど、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「personal」と「private」ではないだろうか。

どちらも「個人の」という訳語が含まれているので、ニュアンスの違いが分かりづらい。

今回は、「personal」と「privateの違いと使い方、その意味、「private」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「personal」と「private」の違いと使い方

personalは、個人のみに関係しprivateは、グループまたは個人に関係している点異なっている。

personal: 個人の、私的な

For your security, please keep your personal belongings with you at all times.
(安全のため、私物は常に携帯してください)

private: 個人の、内輪の

We will have a private party for our members this weekend.
(今週末、メンバーだけのプライベートパーティを開催します)

「personal」と「private」の意味

Longman 辞書によると、「personal」と「private」の意味は以下のとおり。

personal: belonging or relating to one particular person, rather than to other people or to people in general
(他の人や一般の人ではなく、特定の人に属している、または関係している)

private: for use by one person or group, not for everyone 
(すべての人向けではなく、1人または1つのグループが使用するため)

 

「private」に関連する他の英語表現

confidential: 機密の

This information is confidential.
(これは機密情報です)

 

exclusive: 排他的な

This password gives you exclusive access to your test result.
(このパスワードを使うと、テスト結果に排他的にアクセスできます)

 

separate: 個別の

You have to use separate accounts for each user. 
(ユーザーごとに別々のアカウントを使用する必要があります)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました