【英語の違い】「will」 と 「be going to」 の違いは何 ?

英語の違い

意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「will」と「be going to」ではないだろうか。

どちらも未来を表す意味合いがあるため、英語学習者にとって、今一、ニュアンスがつかみにくい。

今回は、「will」と「be going toの違いと使い方、その意味、未来を表す他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「will」と「be going to」の違いと使い方

基本的には、「will」、「be going to」のいずれも、未来を表す際にを使われるが、willは、より確実性、最新性、とっさの意思決定が含まれる一方be going toは、事前に計画された事柄が含まれるという点が異なる。

will: ~する予定、~するつもり

I think it will work.
(うまくいくと思う)

be going to: ~する予定、~するつもり

We’re going to take a trip this summer. 
(今年の夏、旅行に行く予定です)

「will」と「be going to」の意味

Merriam-Webster によると、「will」と「be going to」の意味は以下のとおり。

will:
used to express futurity
(未来を表現するために使用)

be going to:
used to talk about what will happen or could happen
(何が起こるか、または起こる可能性があるかについて話す際に使用)

 

未来を表す他の英語表現

be  about  to: まさに~しようとする

I’m about to leave for school.
(学校に行くところです)

 

be planning to: ~する予定

I’m planning to study abroad next September.
(来年9月に留学する予定です)

 

be supposed to: ~することになっている

I’m supposed to finish this report by tomorrow morning.
(明日の朝までに、このレポートを終わらせることになっている)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました