【英語の違い】「say」と「tell」の違いは何?

英語の違い

英語自体が何となく似ているけど、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「say」と「tell」ではないだろうか。

どちらも「言う」という訳語が含まれているので、ニュアンスの違いが分かりづらい。

今回は、「say」と「tellの違いと使い方、その意味、「tell」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「say」と「tell」の違いと使い方

say」 と「tell」 はいずれも、考えや情報を伝える際に使用されるが、say」は、人の目的語を取る必要はないのに対して、「tell」は通常、人の目的語を取る点が異なる。

say: 言う

I didn’t say anything about it.
(それについては、何も言わなかった)

tell: 言う

Tell me about it.
(それについて、私に教えて)

「say」と「tell」の意味

Cambridge Dictionary によると、「say」と「tell」の意味は以下のとおり。

say
to pronounce words or sounds, to express a thought, opinion, or suggestion, or to state a fact or instruction
(考え、意見、提案を表したり、事実や指示を示すために、言葉を発する)

tell
to say something to someone, often giving them information or instructions
(情報や指示を伝える際に、人に何かを言う)

 

「tell」に関連する他の英語表現

report: 報告する

I reported the lost item to the police.
(その落とし物は、警察に届けた)

 

notify: 通知する

You will be notified if a delay is necessary.
(延期が必要な場合は、通知されます)

 

inform: 通知する、知らせる

Please inform us if you change your address. 
(住所を変更した場合は、お知らせください)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました