【英語の違い】「holiday」と「vacation」の違いは何 ?

英語の違い

意味合いが微妙に異なる英語表現がある。その一つは、「holiday」と「vacation」ではないだろうか。

両方とも「休暇」という意味が含まれているので、英語学習者にとって、今一、ニュアンスの違いがつかみにくい。

今回は、「holiday」と「vacationの違いと使い方、その意味、「holiday」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「holiday」と「vacation」の違いと使い方

holidayは、アメリカ英語で「祝日、休暇」、イギリス英語で「休暇」、「vacation」は、アメリカ英語で「休暇」、イギリス英語で「大学の休暇」を表すようだ。

つまり、休暇」と言った場合、アメリカ英語では「vacation」、イギリス英語では「holidayと覚えておくといい。

ちなみに、イギリス英語の「祝日」は、「bank holiday」。

  アメリカ英語 イギリス英語
holiday 祝日、休暇 休暇 (※祝日は bank holiday)
vacation 休暇 大学の休暇

 

[アメリカ英語での例文]

holiday: 祝日

This shop is closed on Sundays and public holidays.
(この店は、日曜と祭日に閉店となっている)

vacation: 休暇 

He’s on vacation this week.
(彼は、今週休暇中です)

「holiday」と「vacation」の意味

Longman 辞書によると、「holiday」と「vacation」の意味は以下のとおり。

holiday:
British English (also holidays) a time of rest from work, school etc
(イギリス英語:(holidays とも言う) 仕事、学校を休む時間 (期間))

vacation:
especially American English a holiday, or time spent not working
(特にアメリカ英語:仕事をしないで過ごす時間 (期間))

 

「holiday」に関連する他の英語表現

break: 短い休暇、休み時間

Let’s take a coffee break.
(コーヒーブレークを取りましょう)

 

day off: 休みの日

I took a day off today.
(今日、休みを取った)

 

on leave: (有休) 休暇で

She has been on sick leave for more than two months.
(彼女は、2か月以上、病欠で休んでいます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました