【英語の違い】「customer」と「client」の違いは何 ?

英語の違い

英語自体が何となく似ているけれど、意味合いが微妙に異なる英語表現がある。その一つは、「customer」と「client」ではないだろうか。

両方とも「顧客」という意味が含まれているので、英語学習者にとって、今一、ニュアンスの違いがつかみにくい。

今回は、「customer」と「clientの違いと使い方、その意味、「customer」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「customer」と「client」の違いと使い方

「customer」は、店で商品を買ったり、企業から製品を購入する人の場合に使用され、「client」は、特に、専門的なアドバイスやサービスを受ける人、という意味合いで使うようだ。

 

customer: 顧客、取引先

It’s important to respond quickly to changing customer demand.
(変化する顧客ニーズに素早く対応することは重要です)

 

client:  クライアント、顧客

I had a meeting with an important client yesterday.
(昨日、重要なクライアントとミーティングがあった)

 

「customer」と「clinent」の意味

Longman 辞書によると、「customer」と「client」の意味は以下のとおり。

customer:
someone who buys goods or services from a shop, company etc
(ショップや会社などから商品やサービスを購入する人)

client:
someone who gets services or advice from a professional person, company, or organization
(専門家、会社、または組織からサービスまたはアドバイスを受ける人)

 

「customer」に関連する他の英語表現

patron: 後援者

Many artists are dependent on wealthy patrons.
(裕福な後援者に支援を求める芸術家は多い)

 

consumer: 消費者

Consumer prices rose 2.14% in December.
(12月に、消費者物価が 2.14% 上昇した)

 

purchaser: 購入者

The purchaser was reluctant to provide information on the end-user of the product.
(購入者は、その製品のエンドユーザーに関する情報提供を渋った)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました