「depend」 は、どういう意味? 「depend」 の語源と意味、使い方を紹介

英語コラム

アメリカ人と会話しているとき、よく耳にする表現が、”depend“。
非常に便利なので、アメリカに住んでいた時は、管理人もよく使っていた。

アメリカの新聞の求人広告に、例えば、”Monthly salary ranges from $20,000 to $30,000 , depending on experience” (月給は、経験に応じて2万ドルから3万ドルまでさまざま) という表現を目にする。この場合の “depending on” は “according to” と同義語で「~に従って、応じて」。

今回は、この “depend” の意味と語源、使い方について紹介したい。

 

“depend” の意味と語源

そもそも “depend” は日本語の辞書で「頼る」「依存する」「当てにする」と出ている。”depend” のあとに、前置詞の “on” または “upon” がよく使われ、”depend on~” は「~次第、による」。

Oxford Languages の定義によると、もともと、ラテン語の “de” (=down 下に) “pendere” (=hang つるす、ぶら下がる) が合わさって、ラテン語の “dependere” が生まれ、古フランス語 “dependre” → 英語 “depend” となったようだ。

 

つまり、’pend‘ には、「ぶら下がる」という意味がある。

 

“pend” (ぶら下がる)を含む単語

 


append「付け加える」
appendix「付録」「虫垂」
independent「独立した」(※ in=否定の意)
pending「未決定の」
spend「費やす」

suspend 「一時停止する」(※ sus, sub,下の意)

“depend” の使い方

That depends on  the weather. (それは天気次第だ)

That depends.= It all depends. (一概に言えない)

※このあと、’On what?‘ (何によるの?)と聞く場合が多い。

I depend on you. (頼りにするよ)

That depends on how you define it. (それは、君の定義次第)

That depends on how you look at it. (それは、君の見方次第)

That depends on how I feel. (それは、私の気持ち次第)

You can depend on me. (私にまかせて)

コメント

タイトルとURLをコピーしました