【使える英語表現】日本語の「鳥肌が立った」は英語で何て言う?

使える英語表現

日本語では、何かに感動したとき、よく「鳥肌が立った」という言い方をするが、英語で何と言うのだろう。

英語では、ネィティブが使う表現としては「get  goose bumps」という言い回しを使う。

今回は、「鳥肌が立った」の英語表現、その英語の意味、「goose bumps」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「鳥肌が立った」の英語表現

鳥肌が立つ:got goose bumps

I got goose bumps watching the game.
(その試合を見て、鳥肌が立った)

「goose bumps」の意味

The Free Dictionary によると、「goose bumps」の意味は以下のとおり。

get goose bumps:
To get bumps on one’s skin where one’s body hair stands on end as the result of an intense feeling of cold, nervousness, anxiety, excitement, or fear.
(冷たさ、緊張、不安、興奮、または恐怖の激しい感覚の結果として、体毛が逆立っている皮膚に隆起を起こすこと
)

 

「goose bumps」に関連する他の英語表現

chill:ゾクゾクする感覚、寒気

Your music gave me chills.
(君の音楽を聞いて、ゾクゾクしたよ)

 I felt chills all over my body.
(全身に寒けを感じた)

 

creep:ゾッとする気持ち

That movie gave me the creeps
(その映画を見て、ゾッとした)

 

cold sweat:冷や汗

I got a cold sweat when I got up in  the morning.
(朝起きたとき、冷や汗をかいていた)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました