【使える英語表現】日本語の「まさか~」は、英語で何て言う?

使える英語表現

日本語でよく「まさか~」と言うが、英語では何て言うのだろうか?

まさか~」は通常、英語で「No way !」を使う。口語表現でよく出てくるので、頭に入れておくと便利だ。

way」 には、元々、方法、手段という意味があるので、その否定の No を付けると、「まさか」、「ありえない」という意味になる。

No way!」(まさか!) と同じ意味を持つ他の表現としては、相手の言葉に対して「No kidding! 」(ウソだろう!)、「Don’t tell me ~」(~と言わないで) と言うこともできる。

今回は、「まさか~」の英語表現、その定義、「way」を使った他の英語表現を紹介したい。

「まさか~」の英語表現

まさか、決して~ない:no way

There’s no way that he did such a thing.
(彼がそんなことをやったのはありえない)

「no way」の定義

Longman 辞書によると、「no way」の意味は以下のとおり。

used to emphasize that you will not agree or be able to do something
(何かをすることに同意しないか、できないことを強調するために使用される)

定義によると、要は、ありえないことを強調するために使用するということ。

「way」を使った他の英語表現


two-way player:二刀流選手

Shohei Ohtani is a two-way player.
(大谷選手は、二刀流です)

way of thinking:考え方

My way of thinking is different from his.
(私の考え方は、彼の考え方とは違う)

the way:やり方、方法

I don’t like the way he talks.
(彼の話し方は好きではない)

that way:そのように

I feel that way.
(私はそのように感じる)

コメント

タイトルとURLをコピーしました