【英語の違い】「may」と「might」 の違いは何? 微妙なニュアンスの違いと使い方を紹介 !

英語の違い

英語自体が何となく似ているけれど、、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「may」と「might」ではないだろうか。

どちらも「かもしれない」という訳語が含まれているので、ニュアンスの違いが分かりづらい。

今回は、「may」と「mightの違いと使い方、その意味、「may」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「may」と「might」の違いと使い方

may」 と 「might」 は、両方とも可能性を表す助動詞だが、might の方が may よりも可能性が低い場合に使用し、可能性の割合としては、may (70%) > 50% > might (40%) となるようだ。

may: かもしれない

It may rain.
(雨が降るかもしれない)

might: かもしれない

It might rain.
(雨が降るかもしれない)

「may」と「might」の意味

Longman 辞書によると、「may」と「might」の意味は以下のとおり。

may: if something may happen or may be true, there is a possibility that it will happen or be true but this is not certain
(may: あることが起こりうるか、事実かもしれない場合、それが起こる、または事実である可能性はあるが、確かではないときに使用される)

might: if something might happen or might be true, there is a possibility that it may happen or may be true, but you are not at all certain
(might : あることが起こりうるか、事実かもしれない場合、それが起こる、または事実である可能性はあるが、まったく確かではないときに使用される)

 

「may」に関連する他の英語表現

possible : 可能な、考えられる

It is possible to get refund for the canceled ticket.
(チケットをキャンセルした場合の払い戻しは可能です)

 

feasible: 実行可能な

It’s technically and economically feasible.
(それは、技術的にも経済的にも実行可能です)

 

attainable : 達成可能な

I think this target is attainable
(この目標は達成可能だと思う)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました