【英語のことわざ】「明日は明日の風が吹く」は英語で何て言う?

英語のことわざ

日本語でよく「明日は明日の風が吹く」と言うけれど、英語では何て言うのだろう。

明日は明日の風が吹く」の英語表現は、「Tomorrow is another day」で、映画『風と共に去りぬ』の中の名言としても有名だ。

今回は、「明日は明日の風が吹く」の英語表現、その英語の意味、「Tomorrow is another day」に関連する他の英語表現を紹介したい。

ことわざ「明日は明日の風が吹く」の英語表現

明日は明日の風が吹く:Tomorrow is another day

That’s what my mother always says— “Tomorrow is another day.”
(「明日は明日の風が吹く」は、母がいつも言っていたことなんだ)

「Tomorrow is another day」の意味

Collins Dictionary によると、「tomorrow is another day」の意味は以下のとおり。

tommorow is another day:
said to mean that, although you have just had a bad experience, you are confident or hopeful that your life will be much better in the future
(試練があっても、将来はもっと良くなると確信している、または希望を持っている、という意味合いで使用する)

「Tomorrow is another day」に関連する他の英語表現

good times and bad times:良いときと悪いとき

There are good times and bad times.
(良いときもあれば、悪いときもあるさ)

 

variety is the spice of life:人生いろいろ

Variety is the spice of life.
(人生はいろいろあるから味がある)

 

highs and lows:起伏

Everyone has to go through highs and lows of life.
(誰だって、人生の浮き沈みは通るよ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました