【英文法の基本】形容詞と副詞とは? 形容詞と副詞のポイントを簡単に解説 !

やさしい英文法

英語学習する上で分かりそうで分かりずらいのが、この形容詞と副詞。

形容詞と副詞のポイントは、形容詞が名詞を修飾し、副詞が動詞や形容詞を修飾するということ。

以下では、形容詞と副詞で掴んでおくべきポイントを紹介したい。

形容詞と副詞の働き

形容詞 名詞を修飾する
副詞 動詞や形容詞を修飾する

形容詞の例

a heavy stuff
重たいもの

a small book
小さい

副詞の例

I get up early.
早く起きる。

He studies English hard.
彼は、一生懸命、英語を勉強する。

She has very long hair.
彼女は、とても長い髪をしている。

 

形容詞と副詞の種類

性質や状態 good (よい)、kind (親切な)、new (新しい)、old (古い)、hot (熱い)、cold (冷たい)、smart (賢い)、foolish (愚かな)
数量 many (多くの)、much (多量の)、some (いくつかの)、few (少数の)、little (少量の)
代名詞 this (この)、that (あの)、these (これらの)、those (あれらの)、all (すべての)

 

「数えられる名詞」に使う場合と「数えられない名詞 (物質名詞)」に使う場合

数えられる 数えられない
意味
a few a little 少しある
few little 少ししかない
many much たくさんの
a lot of a lot of 多くの
some some いくつかの
any any いくらかの
no no 少しもない

上記の一覧にあるように、”many” は数えられる名詞の前に置き、”much” は数えられない名詞の前に置くが、どちらも “a lot of” に置き換えることができる。

また、”few” と “little” は、どちらも冠詞の “a” がつかないと、「少ししか~ない」という否定の意味になる。

さらに、 “not~any” と “no~” は、「何も~ない」という同じ意味になることに注意。

以下の例文で使い方を確認しよう。

few、a few、little、a little、many、much、a lot of、some、any、no の使い方

 

She has few apples.
彼女はリンゴを少ししか持っていない。

She has a few  apples.
彼女はリンゴを少し持っている。

He has little water.
彼は、水を少ししか持っていない。

He has a little water.
彼は、水を少し持っている。

I have many comic books. = I have a lot of comic books.
たくさんのマンガ本を持っている。


We have much rain during Japan’s rainy season. = We have a lot of rain during Japan’s rainy season.
日本の梅雨の時期は、たくさんの雨が降る。

He has some coins in his pocket.
彼は、ポケットにいくらかコインを持っている。

He does not have any coins in his pocket. = He has no coins in his pocket.
彼は、ポケットに何もコインがない。

 

There is、Here is ~の使い方

ここでのポイントは、be 動詞のあとの名詞に注目。単数の場合は “is”、複数の場合は “are”。“Here is (are)” も同様に考えていい。

There is a shopping mall  near here.
この近くにショッピングモールがあります。

There are shopping malls near here.
この近くに複数のショッピングモールがあります。

Here is a smart phone.
ここにスマホがあるよ。

Here are three CDs.
ここに3枚のCDがあるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました