【英文法の基本】名詞と冠詞の違いは何?名詞と冠詞のポイントを簡単に解説!

やさしい英文法

今回は、英語の「名詞と冠詞」についての紹介。

名詞と冠詞

名詞とは

名詞とはつまり、名前のことで、物、人物、場所、性質、状態などの
あらゆる物に付けられ、以下の5つに分類されるよ。

1. 普通名詞 2. 固有名詞 3. 抽象名詞 4. 物質名詞 5. 集合名詞

1. 普通名詞
同じ種類でその性質や使い方が共通している
人または物のこと。

train (列車)、house (家)、watch (時計)、
bicycle (自転車)、boy (少年)、jeans(ジーンズ)、
stadium(スタジアム)、restaurant(レストラン)、
smartphone (スマホ)、website(ウェブサイト)、
movie(映画)、laptop(ノートパソコン)

2. 固有名詞
他のものと完全に区別がつく人名、商品名、地名、固有の
建造物、特別な歴史的事柄につけられるもの。

Toyota (トヨタ)、London (ロンドン)、Ichiro (イチロー)、
Denver(デンバー)、Levis(リーバイス)、Pepsi(ペプシ)、
Spiderman(スパイダ―マン)

3. 抽象名詞
性質、状態、行動、現象というような形のない
もの。

love(愛)、kindness (親切)、honesty(誠実さ)
、happiness (幸福)、peace (平和)、damage (損害)、
trouble(トラブル)、coldness (寒さ)

4. 物質名詞
物を作るのに使用される材料や、数ではなく量で
表す物質につけられた名前。

water (水)、sugar(砂糖)、milk(ミルク)、
glass (ガラス)、beer (ビール)、
paper (紙)、rice (米)

5. 集合名詞
個々の人や物が集合してできたものに付けられた
名前。

family (家族)、people (人々)、class (クラス)、
crew (乗組員)、jury (陪審員)、company(会社)、
school(学校)、Gang(ギャング)、herd(群れ)

冠詞とは

名詞の前に付けられるものとして冠詞がある。

この冠詞は定冠詞と不定冠詞の二種類。

1. 定冠詞 2. 不定冠詞

1. 定冠詞
定冠詞は英語で the のことであり、要は
「例の」「あの」「その」というような
意味がある。
ただ、これ以外に the を使う次のルールが
あるので説明したい。

a. 一度話題になったものが二度目に話題になる
場合
例: I saw an American at the station.
(駅でアメリカ人を見た)
I met the American again.
(また、そのアメリカ人を見た)

b. 話の前後関係から相手にそれとわかるもの
Shut the door.
(ドアを閉めて)

c. 唯一無二と考えられるもの
the sun(太陽) 、the moon(月) 、the earth(地球)、the sky(空)

d. 単数名詞に the を付けてその種属全体を代表させる = 代表の the
The dog is a faithful animal.
(犬は忠実な動物だ)
The horse is a very useful animal.
(馬は非常に有用な動物だ)

e. 最上級に付ける
Honesty is the best policy.
(正直が最善の策)

f. 形容詞に the を付けて複数普通名詞の代用
とする場合
the rich = rich people
the young = young men
The rich are not happy.
(富める人が必ずしも幸せとは限らない)

g. 川や海、船名、公共施設名、新聞雑誌名などには
通常 the を付ける
the British Museum (大英博物館)、
the Thames (テームス川)

2. 不定冠詞
不定冠詞は a (子音で始まる語の前に付く) または an
(母音で始まる語の前に付く) であり、通常「1つの」という
概念を表すが、他にも次のような意味でも使われる。
a. one(1つの) と同じ意味で使う。
Rome was not built in a day.
(ローマは一日にしてならず)

b. 定冠詞の代表の the と同様に、
その種属全体を代表する場合
A cat likes to eat fish.
(猫は魚を食べるのが好き)

c. 「同一の」という意味を示す。
A tortoise and two ducks lived in a pond.
(一匹の亀と二羽の鴨が同じ池に住んでいた)

d. 「~につき」という意味で使用
I clean up my room once a week.
(一週間に一度、部屋を掃除する)
It’s 100 yen a piece.
(一個につき100円です)

e. a certain =「ある」と同じ意味
A young lady was walking along the street.
(ある若い女性が通りを歩いていました)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました