【英文法の基本】5文型とは?5文型のポイントを簡単に解説 !

やさしい英文法

英語を学ぶ時に、英文法を理解する手っ取り早い方法は、英文法の全体像を掴むこと。初めに細かいところから始めても、木を見て森を見ずになってしまい、理解しずらくなってしまう。

その意味で、この5文型を最初にやっておいて損はない。

英語の文は、基本的に以下の5つの文型に収まるので、英文が出てきたら、以下の5つのパターンのどれに当てはまるのかな、と考えると理解しやすくなる。

スポンサーリンク

5文型のポイント

第1文型:  S(主語)+V(自動詞)
第2文型:    S(主語)+V(他動詞)+C(補語)
第3文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(目的語)
第4文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(第1目的語)+O(第2目的語)
第5文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(目的語)+C(補語)

第1文型: S(主語)+V(自動詞)

一番シンプルな形で「~は~する」という意味。S+Vのあとに、修飾語句がくることが多い。

The door
opens. (ドアが開く)
S               V
I  work from home. (私はテレワーク(在宅勤務)する)
S    V
She lives in the apartment. (彼女はアパートに住んでいる)
S      V

第2文型:    S(主語)+V(動詞)+C(補語)

動詞の後に補語をとる形。ここでの動詞には、Be動詞、become、look、remain、feel、smell、sound などがくる。主語と補語がイコールの関係になっている。補語の C には、名詞、形容詞や同等の語句がくる。S=Cと覚えておこう。

I am  Japanese.「僕は日本人です
S  V       C
She is a youtuber.「彼女はユーチューバーです
S     V      C
The coffee smells good.「コーヒーはいい匂いがする
S                V         C
That sounds  spooky.「それはそう
S       V           C

第3文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(目的語)

動詞のあとに、目的語をとる形で「~は~を~する」という意味で、主語と目的語がイコールの関係になっていない。S≠Oと覚えておこう。

I
  googled  it.「それをググってみた
S     V       O
He tweeted the article.「彼はその記事をツイートした
S     V              O

第4文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(第1目的語)+O(第2目的語)

「~は~(人)に~(物)を~する」この目的語を2つとる動詞には、give の他には、lend, send, show, tell, buyなどがある。2つの目的語は、イコールではないので、O(目的語)≠O(目的語)と覚えておこう。

She
gave me a hug.「彼女がハグしてくれた
S      V     O      O
He  showed  me  the picture.「彼は私にその写真を見せてくれた
S      V          O        O

第5文型:    S(主語)+V(他動詞)+O(目的語)+C(補語)

最後は、動詞のあとに、目的語と補語をとる形。ここでは、O(目的語)=C(補語)の関係があることに注意しよう。ここの補語の C には、名詞、形容詞や同等の語句がくる。
この動詞には、keep, call, find や、知覚動詞 (see, hear, feel, smell)使役動詞 (have, make, get, let) がくる。

She always keeps her room clean.「彼女はいつも部屋をきれいにしている
S                 V          O          C
He found it helpful. 「彼はそれが役に立つと分かった
S    V      O    C
I heard the baby crying.「赤ちゃんが泣いているのを聞いた
S   V           O       C
They make me happy.「彼らは、私を幸せな気分にさせてくれる
S         V     O     C

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました