【使える英語表現】日本語の「あるある」は英語で何て言う?

使える英語表現

日本語では、よく「あるある」という言い方をするが、英語で何と言うのだろう。

英語では、いろいろな言い回しがあるが、「common」という形容詞を使って「common things」(よくあること) で表現することができる。

今回は、「あるある」の英語表現、その英語の意味、「common」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「あるある」の英語表現

あるある:common things

They are common things in Japan. 
(それらは、日本では、あるあるだね
)

「common」の意味

Longman 辞書によると、「common」の意味は以下のとおり。

common:
happening often and to many people or in many places
(多くの人に、または多くの場所で、よくあること)

 

「common」に関連する他の英語表現

commonplace:ありふれたこと

This kind of thing is commonplace in the US.
(このようなことは、アメリカでは、よくあることだよ)      

 

usual:普通の

It’s usual to tip the waiter with 5-10% of the total amount. 
(通常、ウェイターには、合計金額の5%から10%のチップを渡す)

 

familiar:馴染みがある

He looks familiar to me.
(彼は、どこかで見かけたような気がする)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました