【使える英語表現】日本語の「もう言葉がないよ」は英語で何て言う?

使える英語表現
ss from wikipedia

連日のホームランで大活躍の大谷選手。YouTube のコメントを見ていると、「もう言葉がないよ」という表現をよく見かけるが、英語では何て言うのだろうか?

もう言葉がないよ」は通常、英語で「run out of words」を使う。「run out  of + 名詞」という言い回しは、口語表現でよく出てきて、応用が効くので、頭に入れておくと便利だ。

今回は、「もう言葉がないよ」の英語表現、その定義、「run out」を使った他の英語表現を紹介したい。

「言葉がないよ」の英語表現

言葉がない:run out of words

I’m running out of words to describe him. Simply incredible.
(彼には、もう言葉がないよ。本当に信じられないよ)

「run out」の定義

Merriam-Webster 辞書によると、「run out」の意味は以下のとおり。

a. come to an end: EXPIRE
(終わる:有効期限が切れる)
b. to become exhausted or used up
(絶え果てる、使い切る)

定義によれば、「run out」は、「使い切る」ということなので、「run out of words」で「言葉を使い切る」→「言葉がない」という意味になる。

「run out」を使った他の英語表現

run out of  time:時間が切れる

I’m running out of time.
(時間がなくなってきた)

run out of battery:充電が切れる

My smartphone ran out of battery.
(スマホの充電が切れた)

run out of gas:ガソリンが切れる

My car ran out of gas.
(車のガソリンが切れた)

コメント

タイトルとURLをコピーしました