【使える英語表現】日本語の「どうぞ」は英語で何て言う?

使える英語表現

日本語では、相手から何かを頼まれたとき、よく「どうぞ」という答え方をするが、英語で何と言うのだろう。

英語でパッと思いつくのは、もちろん「please」だが、他にネィティブが使う口語表現としては「by all means」とか、「go ahead」がある。

今回は、「どうぞ」の英語表現、その英語の意味、「go ahead」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「どうぞ」の英語表現

どうぞ:go ahead

“Can I borrow your stapler?”  “Sure. Go ahead.”
(ホッチキスを借りてもいいですか) (もちろん、どうぞ)

 

「go ahead」の意味

Longman 辞書によると、「go ahead」の意味は以下のとおり。

go ahead:
spoken used to give someone permission to do something, or let them speak before you
(口語表現:相手に何かをする許可を与えたり、自分より先に話させたりする際に使用される)

 

「go ahead」に関連する他の英語表現

go on:進む、続ける

My heart will go on.
(私の心は生き続ける)

My life will go on.
(私の人生は続く)

 

go forward:前進する

I just go forward
(前進あるのみ)

 

kick off:始める

Let’s kick off today’s meeting.
(今日の会議を始めよう)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました