【使える英語表現】日本語の「こじつけ」は英語で何て言う?

使える英語表現

日本語でよく「こじつけ」と言うけれど、英語では何て言うのだろう。

英語学習者にとっては、「あれ、どういう英語だろう」と、パっと出てこないかもしれないが、英語では、「far-fetched」という形容詞を使う。

今回は、「こじつけ」の英語表現、その意味、「far-fetched」に関連する他の英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「こじつけ」の英語表現

far-fetched:こじつけの

This may sound far-fetched, but it’s true. 
(これは、こじつけのように聞こえるかもしれないけど、本当だよ)

「far-fetched」の意味

Longman 辞書によると、「far-fetched」の意味は以下のとおり。

far-fetched: extremely unlikely to be true or to happen
(事実の可能性や、起こる可能性が、極めて低い)

 

「far-fetched」に関連する他の英語表現

fishy:胡散臭い

There’s something fishy about this book.
(この本は、何となく胡散臭い)

 

illogical:非論理的な、筋が通らない

I found some of his arguments illogical.
(彼の議論のいつくかは、非論理的と思った)

 

dubious:怪しい

She gave me a dubious look when I told her about it.
(僕がそのことを伝えると、彼女は、怪訝な表情をした)

コメント

タイトルとURLをコピーしました