【使える英語表現】日本語の「いい加減にして」は英語で何て言う?

使える英語表現

日本語で「いい加減にして」は、英語では何て言うのだろう。

単純に「stop it」や「give me a break」でもいいが、口語では、「cut it out」という表現もよく使われる。「cut out」には、元々「取り除く」という意味がある。

今回は、「いい加減にして」の英語表現、その英語の意味、「cut」を使った英語表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「いい加減にして」の英語表現

cut it out:いい加減にして

Cut it out. I’m trying to get some sleep.
(いい加減にして、これから寝ようとしているのに)

「cut it out」の意味

Longman 辞書によると、「cut it out」の意味は以下のとおり。

cut it out: spoken used to tell someone to stop doing something because it is annoying you
(口語表現:煩わしいので、相手にそれを止めるよう言うときに使用される)

「cut」を使った英語表現

cut down on:減らす

I cut down on drinking alchole
(飲酒の量を減らした)

cut and dried:月並みな

That’s quite a cut and dried comment.
(それは、まったく月並みなコメントだ)

cut off:割り込む

Don’t cut me off while I am talking.
(私が話している最中に割り込まないで)

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました