【英語の違い】「memo」と「note」の違いは何?

英語の違い

英語自体が何となく似ているけど、意味合いが微妙に異なる単語がある。その一つは、「memo」と「note」ではないだろうか。

どちらも「メモ」という訳語が含まれているので、ニュアンスの違いが分かりづらい。

今回は、「memo」と「noteの違いと使い方、その意味、「memo」に関連する表現を紹介したい。

スポンサーリンク

「memo」と「note」の違いと使い方

memo」は、社内や組織などの内部で伝達する短い公式メモ、「note」は、形式にとらわれず、付箋など何かに書き留める短いメモという点が異なっているので、note」の方が、日本語の「メモ」と同じ意味合いがある。

memo: メモ、覚え書き

I sent him a memo reminding him about the meeting.
(私は、彼に会議についてリマインドさせるメモを送った)

note: メモ、短い記録

I was going to write her a note, but I decided to call her instead. 
(彼女にメモを書こうとしたが、電話することに決めた)

「memo」と「note」の意味

Longman 辞書によると、「memo」と「note」の意味は以下のとおり。

memo: a short official note to another person in the same company or organization
(同じ会社または組織内の別の人への短い公式メモ )

note: something that you write down to remind you of something
(何かを思い出させるために書き留めたもの)

 

「memo」に関連する他の英語表現

memorandum : 覚書

He handed her the memorandum.
(彼は、彼女にその覚書を手渡した)

notice: 通知

I didn’t observe the notice on the wall.
(私は、壁の張り紙をよく見なかった)

remark : 意見、発言

She overhead the remark and reported it to her supervisor. 
(彼女は、その発言をふと耳にして、上司に報告した)

コメント

タイトルとURLをコピーしました