身近な教材でも英語は学べる

英語学習法

これだけ多くの教材が出回っている昨今、これがベストと断言できる人はいないのではないか。どれも一長一短があり、向き不向きもあるからだ。

ただ、 1 つ言えるのは、どの教材でも英会話を身に付けるやり方は同じということだと思う。

つまり、語学の習得には避けられない繰り返し行うという作業がつきものということ。でもそれさえやれば、誰でもマスターできるハズ。

管理人の場合、何にもしゃべれないところからスタートして、急に相手の言っていることが分かって英語で返せるようになったのは、テキストを完璧にこなしてから3か月たった頃かな。

要は、何でもこれと決めたテキストを毎日聞いてみる。たとえば、15分のラジオ講座であれば見開き2ページほどの分量かな。その会話やスキットをまるごと覚えてしまう。

人間はおかしなものでその中の一部だけ覚えようとすると、結局それも覚えなくなるが、すべて覚えようと決めると、案外、覚えられる。

アメリカ留学前の数年間で、これを完璧に2年分(24冊)覚えたことがあり、それを1時間かけて空で言えるようにした。このような自分の経験から、以下の方法で学習を進めると、3か月目(3冊分)からでも英語がスラスラ出てくるようになり、日本にいても必ず英会話を話せるようになるので試してみていただきたい。

1. テキストを見て、1ページから2ページ分、英語の音に集中して聞く。最低5回聞く。英語の意味は「こんなこと言っているな」ぐらいでいいと思う。一字一句日本語の意味を頭に入れる必要はない。

2. 声に出してアメリカ人と可能な限り発音、イントネーション、抑揚を真似して発音してみて。カセットテープに自分の声を録音してもいいかも。

3. 空で言えるまで続けるのがいいと思う。1日1ページでいい。その会話のスキットを5回から10回は声に出して発音してみる。その1ページすべてを覚えようという心構えで英語講座を聞く。
最初は、1ページ分覚えるのに何回も聞いたり発音したりして時間がかかるかも。でも、次第に慣れてくると、15分1回聞いた直後に、すぐさまそれを空で言えることができるようになる。

4. 歩いているとき、電車の中、どこでも、スキマ時間のあるときに、覚えたスキットを独り言のようにブツブツ言ってみるのはどうだろう。歩きながらこれをやると、ヘンな人と思われる可能性大なので、マスクでカモフラージュすると回りを気にしなくて済む。毎日1ページ一週間で5ページ分覚えることになり、週末に5ページ分すべて空で言えるようにすることをお奨めする。

5. 覚えた表現を応用してみる。
たとえば、今日覚えたスキットの中で以下のような会話が出てきたとする。

母: Jenny where are you? Breakfast is ready. (ジェニー、どこにいるの。朝食できたわよ)
ジェニー: I’m upstairs making my bed. (二階よ、ベッドメイキングしてるの)
母:Aren’t you through yet ?(まだ、終わらないの?)
ジェニー: Almost. (もう少し) I’ll be down in a minute. (今、下に降りるわよ)
ジェニー: I’m hungry. Mmmmm the coffee smells good.
(お腹すいたわ、うーん、コーヒーのいい匂い)

いくつかの表現をピックアップして英文を作って見よう。

(a) Breakfast is ready -> ~ is ready = ~が用意できた。 ->
Supper is ready. (夕食の用意ができた)
Lunch is ready. (ランチの用意ができた)
(b) The coffee smells good. -> ~ smells good = ~ がいい匂い。->
It smells good. (それ、いい匂い) You smell bad (お前、イヤな匂いがするよ)

いろいろ作ってみよう。正しいかどうかは、Google で検索して見て、ある程度ヒット数が多ければ使うことに問題はないと判断できるよ。検索の際は、以下のようにダブルクォーテーション ” で英文を挟むと、そのままピッタリの表現を引っ張ってくる。
例: “Lunch is ready”

使われることが分かったら、最初は1行でもいいと思う。その表現を使って学生ノートに日記を書いてみよう。たとえば、こんな具合に。
Lunch was ready. I ate curry and rice. That was so good.
ランチが用意されていて、カレーライスを食べた。すごくうまかった。
どうしてこういう作業をするのかと言うと、日本語もそうだけど、英語を自分の頭で書くと、その表現が使えるようになるからだよ。なので、英語日記で自分のことが表現できれば、英会話も同じように表現できる。

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました