インターナショナルスクールについて

こんにちは、Tatsujinです。
今回はインターナショナルスクール
についての案内です。
その前に、Tatsujinの経験を一言。
アメリカ留学時代に出会った日本人の一人に
小学校から日本のインターナショナルスクール
に通っていたという人がいたよ。高校はアメリカ。
もちろん、英語は流暢で自然にアメリカ人大学生
の中に溶け込んでいた。奥さんもキュートなアメ
リカ人。日本の一般的な教育を経てアメリカに行
った自分としては、やはり、なんて言うんだろう、
アメリカ的なセンスを身につけている彼には勝て
ないなーという気がした。ただ、彼の場合は、奥
さんもアメリカ人だし、アメリカに骨を埋めると
いうスタンスだったので、日本の教育を受けなく
てもOKだったけど、いずれ就職は日本で、という
場合は、うーん、日本の教育を受けてからでもいい
のかなとTatsujinは思っている。
インターナショナルスクール.jpg


それでも、いろいろな分野で国際化の波にのま
れている昨今、幼稚園もしくは小学校から日本のイ
ンターナショナルスクールに入れて国際的感覚を身
につけさせるというのも十分アリかなと。
ということで、以下に主なインターナショナル
スクールを紹介するので、参考にしてね。
Sインターナショナルスクール/スマイリーキッズ
http://sis-japan.com/right-jp.htm
アメリカの幼稚園と同じ環境で英語を習得する
ことができる。もちろん日本語は禁止。各クラスの
生徒は12名の少人数制を採用。英語のみならず、
個性と能力を伸ばして国際人を育てることを目標
に置いたカリキュラムとなっている。
グレッグ・インターナショナルスクール
http://www.globaldaigaku.com/global/ja/schoolsearch/detail/3557/index.html
創立21周年の伝統あるスクール。各国大使館や
外国企業勤務者の師弟、帰国子女、バイリンガルを
目指す日本の子供たちが学んでいる。自己鍛錬を
ベースにすべての授業を英語で進め、マナーや
ルールの教育にも力を入れている。
LCAインターナショナルスクール
http://lca-elementary.com/
子供の興味や自主性を尊重したプログラムを提供。
歌やダンスのみならず、自己表現やプレゼン能力を
鍛えるなど、カリキュラムはどれも本格的。学習の
中心となる読み、書き、理科、社会、算数、体育
にも十分な時間が割り当てられている。
神奈川インターナショナルスクール
http://yip.zero-yen.com/toppage1.htm
英語以外にも国際人としてのマナーや思いやりを身に
つけることをモットーとしており、縦割り教育の実践、
自己管理能力の育成、高い英語能力の習得、と 3つの
大きなコンセプトを採用。また、世界中のインターナショナ
ルスクールに通じる教育を実践しているため、転校、進学、
受験の際の成績表と推薦状を出せるのも強みとなっている。
サンバレーインターナショナルスクール
http://www.sun-valley.jp/web/index.html
「楽しい体験を通して英語を学ぶ」ことを基本理念として
おり、「本物から学ぶ、体験から学ぶ、五感から学ぶ」を
教育方針としている。講師陣は英、米、豪などのベテラン
外国人と経験豊富な日本人が揃っており、英会話、読書、
書くといった力を身に付けることができる。
人気ブログランキング参加中です! ↓
英語人気ブログランキング
にほんブログ村 英語ブログ

コメント

error: 右クリックはできません。
タイトルとURLをコピーしました